ライター

「物事にハマる」メカニズムが、よくわかった。

「物事にハマる」メカニズムが、よくわかったので書き残しておこうと思う。

先日、ソトコト編集長の指出さんから聞いた話で、強く印象に残っているものがある。

「ぼくの頭の中は釣りしかなくて、特にヤマメとタナゴのことばっかり考えています」

by 指出さん

ソトコトの編集長は、ヤマメ(山の魚)とタナゴ(田んぼの魚)にどハマりしているひとだった。

指出さんにとってのヤマメとタナゴは、奥深くそして複雑。広がりは無限がゆえにそれはまるで終わりなき旅のようなもの。

そのお話をされている時はとても幸せそうな顔をされていた。

そして、私はヤマメとタナゴの話を聞いて「だから編集長というポジションにいるひとなんだな」という感想をもった。

なぜなら、私が今まで出会ってきた仕事ができる人や、一流と呼ばれる人は、たしかに「何かを突き詰めてハマることができる人」だったからだ。

それからしばらくの間、「どうしたらひとは物事にハマることができるのか?」という問いが頭の中を廻るようになり、いい機会だと思考してみた。

その思考結果を整理整頓したのが下の図である。

思うに、ハマるというのは、このサイクル回ることによってもたらされ、サイクルが回り、「つながるネットワークが複雑になればなるほどハマっていく という、メカニズムだ。

以下この図に対して、細かな説明を加えておく。

「面白い」から「ハマる」

これは説明するまでもないと思うが、ハマるには、その対象について「面白い」と思うことが絶対的な条件となる。

人は、面白いと思わないのにハマることはできない。

だから、面白いと思わないものはそもそも選ばないのが吉かもしれない。

人が「面白い」と思うのは「つながる」から

「TVドラマ」を考えると分かりやすい。

一話だけでは、人間関係もストーリーもつながりがないので、面白いと思うのは難しい。

しかし、二話・三話と見続けると、人間関係やストーリーがつながりはじめる。

そして更に話を観進めていくと、散らばった伏線が回収されだし更につながる。

こんな感じで、自分の頭の中とドラマが「つながる」から、ひとはそのドラマを「面白い」と感じるのだ。

その物事自体に「面白い」を感じているのではなく、その物事と「つながる」ことに対して「面白い」を感じているというのが本質だろう。

「つなげる」から「つながる」

「つながる」ためには「つなげる」必要がある。

ドラマを観ていたとしても、登場人物の言動や、事象を「つなげる」意識がなければ人間関係もストーリーも「つながる」こと絶対にない。

途中から見始めたドラマを離脱してしまいがちなのは、進んでしまって知らない部分があり「つなげる」意識が働かせづらいからだ。

「ハマる」から余計に「つなげる」意識がはたらく

そして、これもドラマで考えればよく分かることだが、「ハマる」状態を生み出せれば、あとはもう自動で「つなげる」意識が働くようになる。

このようにしてサイクルは回りだし、回れば回るほど複雑なネットワークが作られ、ネットワークの引力が増し、引き込まれていく。

これがいわゆる「ハマっている」という状態。

このサイクルを回すために重要なこと

それは「面白い」と思える「つながる」に出会うまで、「つなげる」を続けること。

なぜなら、人はどんな「つながる」に「面白い」と思うか分からないからだ。

人によっては、登場人物同士における「つながる」に「面白い」と思うかもしれないし、

自分の過去の体験との近似における「つながる」に「面白い」と感じるかもしれない。

あるいは、全然違うドラマとの「つながる」に「面白い」と感じるかもしれない。

だからこそ、少しでもハマりたいと思った時は、とにかく「面白い」と思えるまで「つながる」を「つなげる」によって作り続けることが大事だと私は思う。

これができないものに関しては、いつになってもハマることはできない、そう思った方が自分にとって健全なのではないだろうか。

さいごに

まとめとして、さいごにもう一度整理した図を貼り付けておく。

何かしらの参考になれば幸いだ。